脇脱毛の回数は毛周期を理解しれば見えてきます!!

脇脱毛の回数は毛周期を理解しれば見えてきます!!

脱毛と言ったら、まず脇脱毛と思われる方も多いのではないでしょうか?最近は脱毛サロンだけでなく、永久脱毛が出来る医療クリニックでもかなり脇脱毛がお安くできるようになってきて関心が高まってきているようです。今回は脇脱毛の回数についてまとめてみました。

毛周期について

毛周期とは、毛が生え変わるサイクルのことです。「成長期」「退行期」「休止期」の3つに分けられます。

毛が新しく生まれて伸びていく時期が「成長期」で、皮膚の下で育って、一定の長さまで皮膚から出て伸びていきます。

その次の毛の成長が止まって抜け落ちるまでの期間を「退行期」といいます。

毛が勝手に抜け落ちて、また毛が成長期に入るまでの期間を「休止期」といいます。

ムダ毛の処理の時に肌の表面に見えている状態の毛は、「成長期」で皮膚の外まで伸びてきた毛と「退行期」の毛です。脱毛に効果があるのは「成長期」にあたる毛です。

また、表面に出てきている毛は全体の20%~30%に過ぎず、残りの毛は休止期か皮膚の下で育ってきている毛です。

この休止期の毛のさらに20%~30%程が、2~3か月後に肌の表面に現われます。

これを2回目の施術で処理するわけです。その為に、毎月通っても意味がないといえるのです。毛周期に合わせて効率的に脱毛は行われていきます。

サロン脱毛の場合

サロン脱毛では個人差がありますが、おおよそ10~16回、約1年半~2年半かかります。

回数 期間 効果
3~4回 約6か月~1年 毛量が減り始めて効果を実感し始める
5~~10回 約1年~1年半 自己処理の回数が減りお手入れが楽になってくる
10~15回 約1年半~2年半 自己処理がほとんど不要になる
10~20回 約2年半~3年 ツルツルの状態になる

医療レーザー脱毛の場合

医療レーザー脱毛では、個人差がありますが、おおよそ4~6回、約1年かかります。

回数 期間 効果
1~3回 約6か月 量が減り始めて効果を実感し始める
3~4回 約6か月~9か月 自己処理の回数が減りお手入れが楽になってくる
4~6回 約9か月~1年 自己処理がほとんど不要になる
6~8回 約1年~2年 ツルツルの状態になる

サロン脱毛は永久脱毛ではない

サロンでの光脱毛は医療レーザーよりパワーが弱いもので、永久脱毛ではなく”減毛”というイメージで考えた方が良いでしょう。

永久脱毛と呼ばれる医療レーザーは毛を成長させる毛乳頭を破壊することによって脱毛していく方法ですが、この威力の強い脱毛器は医療行為に当たるので医師常駐のクリニックでしか使用することが出来ません。しかも、永久脱毛というと、一生ムダ毛が生えてこないイメージがありますが、完全にムダ毛を生えなくするということではありません。

アメリカの電気脱毛協会の定義では、「永久脱毛は脱毛完了後1か月経過時点で、毛の再生率が20%以下の状態」とされています。ゼロではないのです。

サロン脱毛は医療レーザー脱毛より再生率が高いということで、毛の成長を一時的に送らせる“制毛”や“減毛”と呼ばれています。永久脱毛ではありませんが、回数を重ねるごとに毛が薄くなり産毛のようになりムダ毛は目立たなくなります。

一方、医療レーザー脱毛は照射パワーが強いので、脱毛期間も短く、脱毛効果もしっかり実感できます。「脇をツルツルにしたい」「永久脱毛」にこだわるのであれば、医療脱毛がおすすめです。

参考:脇脱毛 回数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です